子は親の鏡・親は子の鑑

「子は親の鏡」

 

という言葉、聞いたことあると思います。

 

普段どれくらいそれを意識して子育てしていますか(^^)

 

育知コミュでも

<育知力を磨く3つの重要なテーマ>

=====================
(3)子どもを鏡(自分自身)だと思って観る
=====================

があります。

 

この「鏡」という概念は、本当に大切で、
奥山が娘が赤ちゃんのころから
向き合ってきて、すごく実感があります。

 

なので、数回に分けて書いていこうと思います(^^)

今日はこんな視点からです ↓↓↓

 

ーーーーーーーーーーーーーー
◆与えたものが、還ってくる◆
ーーーーーーーーーーーーーー

 

「与えたものが、還ってくる」

これも、きっと聞いたことがあると思います。

ものごとの普遍的な真理と言われています。

 

実は、「子は親の鏡」と
「与えたものが、還ってくる」って、

同じことだったってご存知でしたか?

 

例えば小さい子でよく見かけるこんなケース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お菓子買わない約束でスーパーにきたのに、
このお菓子買ってと駄々をこねる子ども。

「約束守れないならもう連れてこないよ!」
「もうこれからお菓子買わないよ!」

すると逆効果で、さらに激しく大泣きされる。

こんなに人がいっぱいのところでどうしよう!
と困り・・・結局お菓子を買わされてしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

これは、まず親の方が、

「もう連れてこないよ!」
「もうお菓子買わないよ!」

と、子どもを「脅す」を与えている。

 

すると、

子どもから「脅される」が還ってくる。

「買わないなら泣き叫ぶよ!
買うまでやめないよ!」

と言う具合に。

 

脅している自分を、
子どもが鏡として見せてくれているんです。

 

 

あと、よくあるのが、
お互いが主張を譲らない言い争い。

 

これも、

「自分【親】(だけ)が絶対正しい」

を与えているから、

 

「自分【子ども】(だけ)が絶対正しい」

と還ってくる。

 

「〇〇ちゃんの気持ちもわかるけど・・・。」

と口では言っているけど、

よくよく振り返ってみると
本当には受け入れていなかったりします。

 

自分の正しさだけにこだわっていたり
相手の気持ちを受け入れられていないことを

鏡として見せてくれています。

 

 

そうやって、自分が親として人として
変えていったほうがいいところを
教えてくれていると思うと、
子どもの存在は本当にありがたくなります。

 

さらに、

本当に鏡であることに気づけ、
教えてくれたことに感謝できると、

さっきまで頑なだった子どもがパッと
変わることが多々あります。

 

これには毎回毎回、とても感動します。

 

これも、「子は親の鏡」

こちらの心の変化を鏡として
映してくれているんです。

 

今まで色々試したけどうまくいかなかった!
という方にこそ、
この本質的な解決法がオススメです。

そこまでじゃなくても、何か子育てで
うまくいかないな〜と思った時に、
ぜひ活用していただきたい考え方です(^^)

子育てがさらに楽しく、楽になると思います!

 

 

そして、

「親は子の鑑」

という言葉もあることをご存知でしたか?

 

「鏡」じゃなくって「鑑」

これは、「お手本」の意味があります。

 

あなたは、
お子さんのどんな「鑑」になりたいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です